小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

ご参加頂けないお客様

素潜りの学校の講習・ツアーにご参加頂けないお客様とは

素潜りの学校では、お金さえ払ってもらえれば誰でも受け入れるという方針ではありません。安全をお守りできないと判断されるお客様については積極的にご参加、お申込みをお断りさせて頂いています。

命をお守りするサービスですので、お金さえ頂ければ誰でも参加できるというものではございません。

素潜りの学校の安全管理方針を理解していただけて、尊重していただける方のみ、末永くお付き合いしていきたいという方針を持っております。

そのため、以下のお客様については、ご予約、ご乗船をお断りさせて頂いております。あらかじめ、ご了承くださいませ。

スノーケルのご経験が少ない方

スノーケルのご経験が不足されている方、未経験の方のご参加は原則として、ツアーへのご参加をお断りしております。(入水せず、ボートに乗ってるだけという場合は可能な場合もございます)

当店は素潜りの学校ではありますが、スノーケルの学校ではなく、スノーケルの基本的な技術を身に着けてこられた方が、より一段、ステップアップし、自らの実力で海に潜る技術を身につけることを目指した学校です。

未経験者様は、まず、内地のスノーケル講習や、沖縄や、内地の海、プールでの練習会などで十分に経験を積まれてから、ご参加ください。

一番、こちらとして安心できることは、ダイビングのライセンスをおもちであるかどうかです。

ダイビングとスキンダイビング、スノーケルは厳密には違う分野ですが、海で自分の身の安全を守る知識と技術、また、海に対する態度は、やはりダイビングライセンスをおもちの方とそうでない方とでは、はっきりとした違いがみられます。(体験ダイビングは不可)

ダイビングCカードをおもちの方は、安全は自分の責任で守るという方が多いのに対して、そうした海についての教育をお受けになっていない方の何人かは、安全は人に守ってもらって当然のもの、という方、または、海と安全に対する態度が甘いと判断される方がいらっしゃいます。

海でひやりとするシーン、事故のほとんどが、こうした初心者様によるものが多いです。特にご高齢の初心者の方、基本ができてきないのに、自分はできていると思われている方が、危険です。

それに対して、ダイビングのライセンスをおもちの方は技術が不十分でも、安全は自分で守るもの、技術は自分で習得するものという認識がしっかりとある方の割合が多いです。

海における認識、経験を深めてから来ていただいたほうが、より小笠原の海における経験を充実したものにできると思われます。ご協力をよろしくお願いします。

初参加でウエットスーツの着用を拒否されるお客様

スノーケル、素潜りでは、ダイビングのようなライセンス制度がないため、「泳げる」「スノーケルはできる」「イルカとは泳いだことがある」とは言っても個人により、レベルがまちまちです。

ウエットスーツはそれ単体で、ライフジャケットのように浮力があり、いざというときに安全の確保がしやすいため、ツアー初回参加では必ず着用をお願いしております。

ウエットスーツは保温以外にも、クラゲ対策、岩場などでの怪我の防止、また急な水温変化によるショックや低体温症の防止など様々な意味がございます。

また以前、御蔵島で何度もイルカと泳いだことがあり、素潜りで10m潜れるという方が、小笠原でドルフィンスイムを初めてされてパニックになられたことがありました。

底が深い小笠原の海が初めてで、怖かったとのことです。海というのは何があるか分かりません。十分に経験があっても、自分で大丈夫と思っていても、何が起こるか分からないのです。

ウエットスーツを着用していれば、ウエイトを外せば、沈みようがないので、助けやすいのです。(ウエイトはドルフィンスイムは初めの一回は着用せず、2回目以降、各自の判断で着用していただいています。また、流れの速いポイントであったり、スノーケルの基本ができていないと判断される場合は、ウエイトを着用しないで頂くようにお願いすることがあります。ご自身での判断ができない場合は船長にお伺いください)

そういったリスクをもった、危険の多いのが、海のツアーであるということを、ご理解くださいませ。

レベルや、話をしっかりと聞いていただける方なのかなど、そのほかの適性などを判断し、船長がウエットなしでもOKと、判断された方は、以後、ウエットなしでの乗船を許可しておりますが、初めての方は、ウエットスーツなしでは乗船そのものをお断りしております。

どうしても、最初からウエットスーツなしで泳ぎたいという方、素潜りの学校の安全管理ポリシーに共感できないという方は、他にいってください。

ツアー中、こちらからの指示を無視される場合、従って頂けない場合はご下船頂くほかありません。ご了承くださいませ。

3点セット(スノーケル・マスク・フィン)を使わないお客様

ウエットスーツと同じ理由になりますが、3点セットを使いたくないというお客様がまれにいらっしゃいます。
スノーケル・マスクを使わず、ゴーグルのみであったり、スノーケルを使わなかったり、フィンなしであったり、よほどの技術をおもちであれば問題ありませんが、それも、船長が目で見て判断しない限り、口頭、文章での説明ではこちらも確信を持つことができません。
こちらがお客様の安全を守れる確信が持てない限り、これらについて許可することはできません。

また、スノーケル未経験の方が、これらを拒否される場合は、やはりご予約そのもの、ご乗船自体をお受けすることができません。よろしくお願いします。

説明・指示を聞かない方

イルカと泳ぐときや、スノーケルポイントでの説明や指示を聞かない場合、ご自身やそのほかのお客様の安全が危険に晒されます。

しっかりと説明を聞いていただき、理解できない部分については質問をして頂きますようにお願いいたします。

そして、説明された内容、指示についてはそれを守っていただきますようにお願いします。

意図的に話を聞かない、説明の最中におしゃべりをされる、意図して指示を無視される方は、ご下船頂き、以後のご乗船をお断りいたします。よろしくお願いします。

体力が極端に低い方

普段、運動をされない方、極端に体が細かったり、力がなかったりする方は、ドルフィンスイムは危険です。

癒やしとか、観光というレベルのものではなく、ハードスポーツです。しかも、マラソンとかでしたら、疲れたら、その場で休めばいいですが、ドルフィンスイムの場合、海の上ですので、体力がない方は溺れる危険があります。

体力がないなら、体力をつけてきていただきますようにお願いします。

極端にお太りの方

極端にお太りになっている方の場合、まず、レンタル器材のサイズがあいません。
それから、ボートでははしごを使って、乗り降りしますが、お太りの方の場合、このはしごを使って、船に乗ることが非常に困難なように見られます。

特に波がある場合などは、はしごでうまくあがれずに怪我をされる方などもいらっしゃりますため、一定以上、お太りの方の場合、ツアーのご参加をお断りせざるを得ません。

ご了承くださいませ。

小さなお子様

小さなお子様は、大人に比べて、体が冷えやすく、また自分を守る技術も十分ではないことが多いです。

通常のツアーにおいては、当店では12歳以下のお子様のご参加をお断りします。

また、18歳以下のお子様においても、スノーケルの基本ができる大人一人が子供一人のお世話をして頂くという前提でのみお受けいたします。(大人がスノーケルの基本ができていない場合は不可です)

よろしくおねがいします。

ツアーに参加するには危険な持病をお持ちの方

過去に頭蓋骨の手術、怪我をされている場合、素潜りで潜ると水圧で、圧迫されるため、素潜りをすることがオススメできません。
また、てんかんなど、意識を失うことがある持病がある場合、水上や、南島上陸の際に、命の危険があるため、ご参加をお断りしております。

また、ボートツアーは、海上で行うため、荒れた海を航行しなければならないときもあり、妊娠されている方、骨に異常がある方など、衝撃が負担となる方のご参加もお断りさせて頂きます。

お金を払えばなんでもいうことを聞いてくれると思っていらっしゃるお客様

お客様は神様、という言葉がはやりましたが、当店では、そうは考えておりません。

お金というのは、同じ価値の交換であり、お客様がお店を選ぶ権利があるように、店側にも、誰と価値を交換するのか、選ぶ権利を持っていると考えています。

よって、お金を払っているほうが上で、どんな無理な要求も聞くべきと考えているお客様を、受け入れるわけにはまいりません。

当店は最大限、お客様を尊重させて頂きますし、配慮させて頂きますが、有料として出しているものを無料で貸すように言われたり、教えたりなどを要求されるような、無理な要求には従いません。

また、ご本人の体力不足や、ご自身が持参される器材の不調、それによって講習に参加できなかったり、技術を習得できなかったことを当店のせいにされるのも困ります。

本当にごく少数ですが、唖然とするような要求をされるお客様がいらっしゃいます。それは「初心者」様に多く、「お金を払っているのだから」海での安全を人に守ってもらって当然、できないことは他人にできるようにしてもらって当然と思っている傾向があると分析しております。

こういう部分はなかなか事前にわかりにくく、どうか技術だけでなく、心の準備もしてきていただきますようにお願いいたします。

最後に

以上、厳しめなことを書きましたが、ドルフィンスイムは、流れ、波、風のある、底の深い危険な外洋で行うハードスポーツです。
どなたでも、簡単にできるものではなく、それ相応の、自然や、危険に対する一定の態度と体力が要求されます。

なんとかなる、という考えでは、楽しい日になるはずだった一日が最悪の日になることがあり得ます。

夢のような海中景色、イルカと目が合う時間は、最低限の基準・ハードルの先にあるものです。十分、ご理解を頂いた上での、お申込み、ご参加をお願いいたします。

また、技術、体力、判断力や理解力などの要素も含めて、ドルフィンスイムをして頂くことについて危険と判断される場合は、船の上からのウォッチングのみ、またはライフジャケット着用となります。

泳げる場合も、小さな浮き輪(救命浮環)をもって入って頂く場合もあります。

こうした制限を船長としては、どうしてもする必要がありますし、それが嫌ということであれば、お乗り頂くことはできません。

かつて、ここは学校なのだから、それでは人が育たないではないか、とおっしゃるお客様がいらっしゃいましたが、育つ、というのは命あってこそであり、安全であることが最優先です。

また、私はかつて、公立の小学校で働いていましたが、そうした場所では、そもそも、こういう命の危険がある活動そのものをしません。

小笠原には修学旅行でいらっしゃる方も多いですが、その活動の中では、ほとんどのところがドルフィンスイムをしていません。

こうした話は、おそらく、ドルフィンスイムが危険である、ということをご理解頂けないと、話が噛み合わないものと思われます。

「水難事故の半分は死亡事故」であると言われています。

危険と隣合わせであること、船長には、その危険からお客様を守る責任を負っていることを、ご理解いただいた上でなければ、ツアーへのお申込み自体をお受けすることができません。

お申込みの際には、「こんなこと書いてあるとは知らなかった」といことのないように、同意事項をしっかりと理解いただいた上でのお申込みを、よろしくおねがいします。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional