小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

ドルフィンスイム

画像の説明

■ミナミハンドウイルカとドルフィンスイム

ミナミハンドウイルカは人と遊んでくれることが多いイルカです。小笠原でドルフィンスイムをする際はこのイルカを探します。

■ハシナガイルカとドルフィンスイム

ハシナガイルカは怖がりで人が水に入ると、すぐに逃げてしまうことが多いですが、状態があればスイムすることもあります。

小笠原父島:素潜りの学校のドルフィンスイム

<<通しで参加する「素潜りの学校」パックとは?>>

小笠原父島 一人でもご参加頂けるドルフィンスイム

当店のツアーは70%がお一人ご参加のかお客様です!
ご参加頂いたお客様同士、仲良くなれる仕掛けがたくさんありますので、安心してご参加ください^^b

■ドルフィンスイムで泳ぐには

素潜りの学校では、「Aプラン」「Bプラン」「Dプラン」「貸し切りツアー」「素潜りの学校3日間パック」「素潜りの学校4日間パック」にて、ドルフィンスイムができます。

画像の説明
おすすめは、「素潜りの学校の4日間パック」です。1日だとイルカが見つからないこともありますが、複数日のパックツアーですと、一緒に泳げる確率が高まりますし、イルカと泳ぐ技術も上達します。スケジュールをご覧ください。

・お一人でも参加可能!
・少人数制
・ご家族貸切ツアーも可(別メニュー)

■レンタル(有料)

・ウエットスーツ 2000円/1日1一人 
・ウエイト 1000円/1日1一人
・3点セット 1500円

スケジュール

■記号の意味
◎空いています 貸切対応も可能です
○空いています 貸切はできません
△残席僅か
×満員です

■繁忙期

月によっては繁忙期料金による加算、または、閑散期料金による減額があります。詳しくは、料金表をごらんください。

※カレンダー右上の「予定リスト」をクリックすると、各日程の詳しい内容が見られます。
※カレンダー左上の矢印をクリックすると、前後の月の空き状況が見られます。

スケジュール(予定リスト)

※予定が組まれていても、その日にお客様が入っていなければ、ご家族貸切、ボートチャーターなど対応することが可能です。おはやめにお電話(04998-2-7775)、またはお問い合わせフォームにて、お尋ねください。

回を重ねるほど、イルカと泳ぐのがうまくなれる!

イルカに癒されるツアー!1年中開催しています。1名様から参加可能!

画像の説明

冬の水温は20度前後。夏は30度前後まであがります。
冬でもウエットスーツを着れば十分にイルカと泳げます。
素潜りの学校のドルフィンスイムは素潜り講習付。
初心者でもOK!イルカと泳ぐ練習あり!
今まで自己流だったけど、この際、ちゃんと学んでみたい!
素潜りの学校のドルフィンスイムは希望すれば、個別指導の時間があるので、参加すればするほど、イルカと泳ぐのが上達!成長していけます!

素潜りの学校 小笠原父島で イルカと泳ぐ

素潜りの学校は小笠原父島で、野生のイルカと暮らしながら、ドルフィンスイムのボートツアーを開催している小さな現地ガイドサービス&スクールです。

ツアーは1名様より開催。最大で12名の少人数制。素潜り講習がツアーの中に組み込まれています。スノーケルやドルフィンスイムの初心者の方には初心者講習も行っています。初めてでも大丈夫。イルカと泳ぐ夢を、小笠原父島で実現させてみませんか?

イルカと泳いで遊ぶドルフィンスイムの様子はこんな感じ♪

画像の説明

その他のイルカの写真はフェイスブックで公開しています。

→ フェイスブック 素潜りの学校のアルバム

イルカと泳ぐ時の注意説明動画

イルカと泳ぐ時の注意を動画にしてあります。来る前にご視聴をよろしくお願いします。

小笠原の自然を小笠原自然ガイドがエスコート

初めての小笠原旅行は不安が一杯。東京都認定ガイドが、お一人でも、初めてでも安心して参加できる海のツアーをご案内します。

細かい要望にお答えできるように、きめ細かいサポートを行っていますので、ご遠慮なく、お伝えください。

南島上陸も

Aプランでは、絵葉書にもなっている南島にも上陸します。

画像の説明

上陸は船から直接、行います。
尖った岩の上を歩くので、ビーチサンダルでは足を怪我してしまいます。トレッキングシューズなどを別途、お持ち下さい。

→ 南島上陸について

小笠原にはイルカ以外にも素晴らしいスノーケルポイントがたくさん

小笠原には、イルカ以外にも寄り道して楽しいスノーケルポイントがたくさんあります。Aプランでは兄島海中公園のみですが、Bプランでは、海中洞窟、沈没船など、多くのスノーケル、素潜りポイントを巡ります。

■Bプランで巡るスノーケル素潜りポイントの紹介

画像の説明

巨大イソマグロがトルネードするマグロ穴が5つ

父島、嫁島、母島あわせて、イソマグロがトルネードするマグロ穴が、最低でも5つはあります。

人面魚のような、人懐こい魚ツバメウオと一緒に泳げるポイント 長崎

近くで見ると人面魚のような、人懐こい魚、ツバメウオと一緒に泳げるスノーケルポイント 長崎 が小笠原父島にはります。こちらも船でしかいかれないポイントです。

画像の説明

使用船舶 アルバトロス号

画像の説明

素潜りの学校の使用船舶は、2015年6月進水の新造艇 アルバトロス号です。設計から船長のこだわりを入れ込み、こだわりにこだわった、スノーケル・ドルフィンスイム専門艇です。アルバトロスとは、あほうどり。翼が大きく1m落ちるのに進む距離が鳥の中で一番長い鳥です。アルバトロス号も、設計時に最も重点を置いたのは走行性。左右のバランスと、走りやすさ、燃費、速度、快適さでした。

長さ32フィート(10m)あり、幅も2.5m。広々としていて、窮屈さを感じさせません。また、波があっても、長い分、楽々乗り越えていきます。また、梁が強靭で、通常のこの大きさのボートより重く(2t)その分、波に強くて、船底が2ステップの段差ハルになっているため、横風を受けない限り、船上で波をほとんどうけません。

画像の説明
エンジンはスズキの最新式船外機 DF90ATX 2機がけ。万が一エンジンがひとつ壊れても、もう一つが動くので安心です。

画像の説明
エンジンはパワーがあり、快調です。

画像の説明
嫁島なども70分でたどり着きました。(追い風時) 

画像の説明
喫水が浅い(約40cm)ので、浅い場所にも楽々入っていけます。また、水の抵抗をそれほど受けないのでエンジンの大きさの割には燃費もよく、スピードも出ます。最高速度32ノット(時速60キロ)。風のように飛び回る走行性がウリです。

画像の説明
コクピットの中は電動トイレになっており、底を掘ってあるので見た目よりだいぶ広いです。高さ170cm前後。でも男性の方も座って、していただくようにお願いしています。

画像の説明
上げ下ろし簡単な、幅の広い、底の深いハシゴ(ラダー)が常備されています。これであがるのも簡単。ドルフィンスイム時にはサイドにロープを垂らしているので、待っているお客様は、ロープにつかまり、フィンを脱いで待っていただけると、上がるのがスムースです。

画像の説明
船上で講習など行うこともあります。

画像の説明
コクピット前の素潜りの学校のロゴが好評です。記念撮影することも。

画像の説明
小まめに上架し、点検、メンテナンスを行い、不明な点は造船業者様、内地のスズキ代理店様と密に連絡をとり、安全運航に努めております。

船長よりご挨拶

画像の説明

船長の岡崎です。

ドルフィンスイムを自分が始めてやったのは8年前です。気持ち良いなぁと思っていましたが、最初は面白さがあまりよく分かりませんでした。当時はイルカよりも魚突きに夢中でした。

しかし、数年前、趣味の魚突きをしに海に出ていたときに、船にぶつかりそうになるぐらいの距離をイルカが頻繁に横切るので、舵を切ったら、そのすぐ先に浅瀬があって、あのまま行ってたら座礁してた、ということがありました。

「助けてくれた?まさかな」「イルカは船の近くに寄って遊ぶこともあるし」と思い、そのまま通りすぎたのですが、そのあと、近場で魚突きをしていたら、海底で、おそらく先ほどのイルカが何頭か来て、じっとこっちを見るような感じでとまっていました。「ありがとう」と思いをこめて、ゆっくり手をあげたら、キュイキュイと顔を縦に振って、去っていきました。

まるで人と会話しているような不思議な瞬間でした。もしかしたら、こっちが思ってるよりずっと、イルカは色んなことが分かってるのかもしれないと思った瞬間でした。

そして、その日は一日中、幸せな気持ちに包まれました。

それから、ドルフィンスイムをするのが楽しくなりました。やっぱり何かを思ったり、考えたりしてる気がするからです。

皆さんがイルカという存在と出会うことをお手伝いできたら嬉しいです。(素潜りの学校 船長 岡崎至晋)

お客様の声

「手を伸ばせば届くんじゃないかという距離で、イルカと」

一人旅、そして初めての小笠原でした。思いっきり海に潜りたい!気持ち良く潜れるようになりたい!と思い、素潜りの学校パックにしました。一日目の半日講習で姿勢や呼吸法など、基礎から教えて頂き、二日目からは実践、実践、実践!おかげで思う存分楽しむことができました。

画像の説明

そして、今回の旅の最大の目的であった「イルカと泳ぎたい」という小さいころからの夢を、ついに叶えることができました!「岡イルカ」との練習のおかげもあって、手を伸ばせば届くんじゃないかという距離で、イルカと並走して泳ぐことができました。その感動は、言葉に表しがたいものではありますが、本当に気持ちの良い時間でした。あのイルカの優しい目は忘れられません。最高の思い出となりました。本当にありがとうございました!(榊原)

画像の説明

「全日程参加すればよかったなー。。。という後悔すら感じております。」

画像の説明

素潜りの学校 岡崎先生

滞在中の1日という短い間でしたが、本当に楽しいひと時を過ごさせて頂き、感謝しております。
一人での参加だったのですが、岡ちゃん、あきちゃんはもちろん他の参加メンバーにも恵まれ、
全日程参加すればよかったなー。。。という後悔すら感じております。

初めてのスノーケリングでの洞窟散策ワクワクしました!
ドルフィンスイムではなかなかタイミングが合わなかった某参加者の方(笑)がイルカと遭遇出来たときに、
海の上で自然に拍手が起きましたね!

画像の説明

打ち上げの飲み会でも、初対面とは思えない程の盛り上がり!
某新婚夫婦の馴初め話し盛り上がりましたね笑
もちろん帰りの船でも寝ている時間以外はずっと皆で飲んだくれていました笑
東京が近づくにつれ皆で悲鳴上げてました笑

本当に本当にたのしかったです!
ありがとう、参加者の皆様!
ありがとう、あきちゃん!
ありがとう、おかちゃん!!!

小笠原また絶対に行きます!

「印象に残ってるのは、岡ちゃんが1人1人に合わせて海の楽しさを教えてくれたこと」

画像の説明

初めての小笠原の海、初めての船ということもあり、実は心配事がありました。
「泳ぎがダメな私でも大丈夫だろうか」
「周りに迷惑をかけてしまわないだろうか」
そんな視点でツアーガイドさんを調べていた所、岡ちゃんの船を知りました。
小笠原で長年続いてる老舗のガイドさんと比べ迷いましたが、海に不安があった私には少人数制の方が良さそうに思い、岡ちゃんにお願いすることにしました。
初めて見るイルカ、目の前に広がる色とりどりの珊瑚と魚群、ハートロックの雄大さ…小笠原の海が最高だったのは言うまでもありません。

画像の説明

でもそれ以上に印象に残ってるのは、岡ちゃんが1人1人に合わせて海の楽しさを教えてくれたことです。深く潜ってイルカを追いかけれる人もいれば、私のように海に浮かびながら魚を見るのが精一杯な人もいます。そのどちらにも合わせ、色々な楽しみ方を教えてくれたおかげで、最初から最後まで海を満喫することができました。
小笠原の海は時期によって大きく違うと聞きます。
研究熱心な岡ちゃんなら、どんな時期の海でも1人1人に合わせて最高のプランを組んでくれると思うので、また小笠原に行くときにはぜひお願いしたいと考えています。
心のこもった海の旅を、本当にありがとうございました!

「外洋に出たことの無い方は、初心者講習を合わせてお申し込みになることを強くお勧めします」

画像の説明

船で外洋に出る、かなり本気のシュノーケリングツアー。イルカを追いかけたり、サンゴ礁の海底まで素潜りすることができます。シュノーケリングに慣れてくるころには、通常はダイビングポイントのマグロ穴を流れに乗って通過したり、マンタに遭遇するポイントへ行ったりも。

画像の説明

小笠原のボニンブルーを全身で満喫したい方にお勧めです。
外洋に出たことの無い方は、初心者講習を合わせてお申し込みになることを強くお勧めします。小笠原の海は太平洋のど真ん中、プールで泳ぐような感じとは全然違いますので。
ダイバーの方も、たまには本気でシュノーケリングしてみるよい機会だと思います。

画像の説明

画像の説明

ご感想をいただきました。!かずみさん、ありあとうございます!

画像の説明

「小笠原から帰ってから数日経ちすでに日常生活に戻っていますが、いまだに写真を見てはBonin Blueの海に思いを馳せています。
小笠原は去年に引き続き2回目の来島ですが、去年小笠原の海とイルカに魅せられた私は、今年は滞在期間を海一色にしようと、講習からいろいろなツアーまである素潜りの学校を選ばせてもらいました。結果、想像以上に満喫しました!

初日の講習は波が荒かったですが、シュノーケルの基礎から耳抜き・ジャックナイフまで丁寧に教えていただき助かりました。そして自分の動画では優雅とは程遠い泳ぎに愕然としました…。
翌日のAプランも波が高く、時折船がなにかのアトラクションの様になってましたが、透明度の高い海中公園で泳ぎ、イルカも見れ、そして一度泳いでみたかった製氷海岸の見事な枝サンゴとBonin Blueのグラデーションはいつまでも見ていたいと思いました。Bプランは波も穏やかで、今まで行ったことのない5ヵ所のシュノーケルポイントで泳げ、イルカも大当たり!
気づいたらイルカに囲まれていた時はビックリしました。

画像の説明

そして何よりも、濃い青の海に神々しく白く光るマンタ。あの光景と興奮は一生忘れないと思います。Cプランの泳ぎ釣りではけっきょく私は釣れず、目の不調で途中から船釣りにしたのが残念でしたが、魚が餌に食いつくところを真近に見るのはワクワクしました。船の上で食べる釣れたての魚も美味しかったです!

目標としていたスキンダイビングのスキルアップは耳抜きがまだうまくできず中途半端に終わってしまいましたが、今までより深く潜れたときは快感でした。ガイドのしおりさんやツアーでご一緒した方々の泳ぎを見て、もっともっと泳げるようになりたい、潜れるようになりたいと、いっそう思いました。下手くそな私ですが、海の上ではおかちゃんが、海の中ではしおりさんが見守っていてくれたので、とても安心していられましたよ。

4日間、海を堪能できて幸せでした。おかちゃん、しおりさん、ツアーでご一緒させてもらったみなさん(帰りのおが丸での宴会もいい思い出です♪)に感謝です!ありがとうございました!!また絶対泳ぎにきます!」

船長コメント

「ご感想ありがとうございます♪
4日間通しのご参加、ありがとうございました。
小笠原は海も山も素敵ですが、当店にこられるお客様は海一色の方が多く、私もわりとそっち派なので、気がありますね 笑
波が高いのをアトラクションのようだと楽しんで頂けて有り難い限りです。操船するほうは、お客様が怖がらないか、わりとびくびくしていますw

マンタ、すごかったですね。4mはあった巨大マンタ。水中で見ると更に大きく見えますから、本当に見た人だけにしか得られない感動であったのではないかと思います。
耳抜きができるようになり、深く潜れるようになったとのこと、とてもうれしいです。

耳抜きは私も昔、とても苦労した体験があるので、ことさら段階を追って、練習させて頂いています。
泳ぎ釣り、途中、目が痛くなられて船上釣りになってしまいましたが、目の前で魚が食いつくのを見るのは面白いですよね。
この釣り方は小笠原以外でもどこででもできるので、是非、またチャレンジしてみてください。
ありがとうございました^^b」

東京の観光スポットランキング(じゃらん)で1位に

じゃらんの東京の観光スポットランキングで2015年7月のランキングで1位を頂きました。

画像の説明

スノーケルランキング(全国)で1位に

じゃらんのスノーケルランキングで2015年7月のランキングで1位を頂きました。

画像の説明

ツアーの流れ

当日の天気図や、海の状況を見て、良いコンディションの海に、お客様のご要望に合わせて、船でイルカを探しつつ、いくつかのポイントをまわります。

参加申込フォームからお申込みいただくか
04998-2-7775までお電話下さい。

・お名前
・参加希望日
・連絡先(アドレスと携帯番号など複数)
・シュノーケルの経験の有無、頻度、どれぐらい潜れるかなど、ご自身の海についての経験、体験、技能をできるだけ詳しく
・持病の有無 有れば詳しく
・ツアーに期待すること、どういうものを見たいか、どういうことをしたいかをできるだけ詳しく
・宿泊予定の宿の名前
・滞在期間

をお尋ねします。

※ツアー中はでられないことが多いです。なるべく申し込みフォームから、お申込みください!フォームでは参加確定にはなりません。送信後、あいてた場合、料金詳細をお知らせして、了解いただいてから確定となります!

受付時間は7時~21時までです。

空き状況カレンダー

※カレンダー右上の「予定リスト」をクリックすると、各日程の詳しい内容が見られます。
※カレンダー左上の矢印をクリックすると、前後の月の空き状況が見られます。

お申込み

画像の説明

04998-2-7775

7:00~21:00 受付

お申込みは間違いのないよう、なるべくお申込みフォームからお願いしております。空き状況の確認は電話でも大丈夫ですが、ツアー中は出られないことがあります。

→ お申込みフォーム

メール   ozeight@gmail.com
ファックス 03-6701-7468
衛星携帯 009130010870776761885(緊急)

お申込みは、申込みフォームからお願いします。同意事項や、こちらから、持ち物や集合場所のご連絡をメールで差し上げます。よろしくおねがいします。

持ち物

・3点セット(フィン、シュノーケル、マスク)
・ラッシュガード、またはウェットスーツ
・ウェットスーツの場合は、ウエイト(4kgをお持ちください)
・1日講座の場合はお弁当
・お飲み物
・受講料

ご注意

通年、ウェットスーツを着用してください。

小笠原の海水温は、冬は20度まで下がり、夏も30度まであがるのは、短期間で、寒いことが多いです。ウェットスーツは必ず着用して頂くようにお願いしています。当店でレンタル可能です。申込みフォームでウエットスーツレンタルにチェックを入れてください。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional