小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

ナンヨウカイワリの獲れる場所と味、値段は?※小笠原父島でわりとよく見かける魚です。おいしいです。

ナンヨウカイワリ

画像の説明

体長40cm前後で、あまり大きくはならない。淵が青く美しい魚。
最大で75cm重さ6kgのものがいたという記録がある。
マアジと比べると二回り大きい。

1m近い似たような色の魚がいるが、それはナンヨウカイワリではなく、カスミアジである。
知る人ぞ知る美味な魚。刺し身がうまい。
小笠原以外だと沖縄県、八重山諸島、与那国島、伊豆半島、紀伊半島などで見られる。
通常の漁での漁獲量は少なく、他の魚を目的とした漁での目的外の魚として捕らえられることが多い。

海外では台湾、インド西部、ハワイなどの浅場のサンゴ礁で見られる。
エサは主に小型の魚や、小さなカニなどの甲殻類。
釣ったり、突いたりしたナンヨウカイワリのハラをさばいていると、2,3センチほどのカニがしばしばでてくる。

警戒心は弱く、あまり逃げない。
アジの一種で、たたいてからネギとあえ、ワサビ醤油で食すとうまい。

白いものと黒っぽいものがいる。

画像の説明
黒っぽいナンヨウカイワリ

ナンヨウカイワリとカスミアジの違い

画像の説明

カスミアジのほうが唇があつぼったく、全体的に青っぽい色に覆われています。また、カスミアジのほうが全般的に大型です。

ナンヨウカイワリのいるところ

潮通しがいいところにもいるが、わりと潮通しが緩やかな湾の中でもよくみかける。
つがいで、いることが多く、片方をつくと、もう片方が心配そうにおいかけてくる。
単独でいることもあり、また、群れでいるところも見かける。
群れでいるときは、大抵、まだそれほど育っていない小型の幼魚である。

警戒心は多少あるが、好奇心もあるようで、潜ると、向こうからよってくるようなこともある。
ただし、一度、外すとそれ以上は決して近づいてこず、只管逃げる。

ゆっくり近づけば、近寄りやすいが、逆に一度でも警戒されると、ずっと逃げられてしまうため、突くのは難しくなる。

ナンヨウカイワリの突き方

上部と下部に角のようなヒレがあるので
シルエットで遠くからでも見つけやすい。

この形を見たら、ナンヨウカイワリかカッポレだと判断する。

中層を泳いでおり、上は死角の為、
真上から潜って突く。
横から近付くと、逃げられやすい。

警戒心は弱く、
近付いても、それほど逃げる気配を見せない。

突きやすい魚。

ナンヨウカイワリの魚突き難易度

★★☆☆☆ 2/5(やや簡単)

真上から近付けば、簡単に突ける。
あまり逃げない。

ナンヨウカイワリの食べ方

画像の説明

ナメろうというにはちと刻みが荒いが材料費30円(ネギ、大根)で十分にうまい。どこの店も出していないのが不思議でしょうがない。カイワリは結構、その辺で見かける魚であり、近くに寄ってもさほど逃げない為、魚突き初心者でも簡単に取れるアジ系の魚。漁価も高くないから、漁協などで安く手に入るはずなのだが、どこでもお目にかからない。佐渡の人間が、地元のアオリイカの類まれなるうまさを知らぬことに似てる。

刺し身以外にも、味噌汁、吸い物、塩焼き、煮物などで食される。
青魚というよりは白身の魚のような味がする。

ナンヨウカイワリにはシガテラ毒がある?

地域によっては、サンゴを食べる魚に蓄積するシガテラ毒があるようです。西表島、沖縄方面にそうした報告がありますが、小笠原でとれるナンヨウカイワリにシガテラがあったという報告はいまのところ、聞いていません。

小笠原父島でナンヨウカイワリが比較的見られるポイント

・家内見崎
・西島北
・弟島スモール
・弟島黒浜
・兄島乾沢
・奥宮之浜
・錦糸沢

ナンヨウカイワリの魚価

ナンヨウカイワリは日本ではあまり販売されていません。
漁師や釣り師が、とれたら、自己消費してしまうことがほとんどのようです。

香港などでは1kgあたり500円程度で売られているようです。
シマアジが1kgあたり10000円しますので、魚の中では安い部類です。
アカハタなどは1kgあたり3000円程度です。

ナンヨウカイワリを突きにいくツアー

素潜りの学校Cプランでリクエストしてください。

→詳細はこちら

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional