小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

必要な道具

魚突きに必要な道具

道具の中には、必須なものと、必要に応じて順次増やしていくと良いものがあります。まずは必須なものを解説します。

必須の道具

魚突きをするなら、なにはさておき、銛が必要となります。
銛は、良いものは非常に高価なものがありますが、おそらく多くの人がやり始めで使う銛は海の家などで販売されている伸縮する青い銛、通称、青ヤスではないでしょうか。

この銛でも突けなくはないですが、おそらくやりはじめてはじめの頃に限界を感じるのではないでしょうか。理由は、射程が短いこと、ゴムが弱いこと、また、耐久性が乏しいことです。

私は魚突きを初めた当初から、1万6千円程する、DIVEWAYのパラライザーという三つ又銛を使っていました。

パラライザーは、返しがついていないのですが、三つ又の為、突いた瞬間に、また同士が抑えとなって、抜けにくくなっています。また、突いた魚を抜きやすいというメリットもあります。

やがてチョキ銛という刺さったら抜けやすい銛も使うことになったのですが、結局、パラライザーに戻りました。

その理由は構造がシンプルなため、使いやすく、壊れにくいからです。

また、DIVEWAYのパラライザーは、2m80cmほどの銛が4本つぎぐらいになっているため、コンパクトに収納でき、旅に持っていきやすいというメリットもあります。

また、最近では、新宿のサンドウエーブがオリジナル部品として、先端をチョッキ銛風にするパーツも販売しています。

  • セラチューブ(黒)

ちなみに、上の銛についてくるゴムは非常に弱く、魚に当たる前に逃げられるか、当たってもちゃんと刺さらないため、逃げられるということがよくあります。

ゴムだけは、別に買うことをお勧めします。セラチューブというダイエット運動用のゴムがあるのですが、それの黒がおすすめです。色ごとに硬さが違うのですが、黒がちょうど良いです。

フィン

フィンをはくときは、ブーツの上からはく場合と、ブーツなしで裸足ではく場合とふたとおりがあります。魚がいるポイントはどうしても砂場より、岩場が多いので、ブーツをはいてその上でフィンをはいたほうが初心者は安全です。

また、冬場は、ブーツをはいたほうが、足がつりにくい、というメリットもあります。ブーツをはいてフィンをはく場合は、なるべくショップに直接行って、試着してから買うことをおすすめします。

サイズがあっていないと、泳いでいる最中に脱げてしまったり、また、靴擦れの原因になります。海の中では、皮膚がふやけてしまうため、すぐに靴擦れを起こします。

フィンにはロングフィンと呼ばれる長いものから、短いものまで様々ありますが、はじめは長過ぎるフィンは買わないほうが無難です。長いフィンは、6段変速の6段からスタートするようなものなので、スピードに乗れば、楽に速く進めるのですが、泳ぎ始めが重く、足をすぐにつるのです。

フィンには高いものから安いものまで様々です。ミューや、ガラフィン、安いものは数千円から、高いものだと数万円するものがあります。

で、どれがいいかという話になるのですが、素潜りを始めようと思ったときに、多くのフィンを会、いろいろ試してみたのですが、やりはじめでもっともよかったフィンは、お土産屋で買った数千円のフィンでした。

お土産屋のフィンも、様々でしょうから、目安として判断基準を言うと、ペラペラの柔らかいフィンがおすすめです。柔らかいフィンは自転車で言うと、1段目、2段目にあたるので、こぎやすく初速のスピードがでやすいです。

使い込んでいくうちにもう少しスピードが欲しい、もう少し楽に泳ぎたいと思い始めるので、そのときになったら、少しづつ長いフィンにはきかえていくといいでしょう。

余談ですが、外海に出ると流れが大変速く、長いフィンでないと太刀打ちできない場面があります。こういう状況に何度か遭遇して、やはり長くないと無理かと諦めて、長いフィンにはきかえるものではないかと思います。 

ミューとか、ワープとかのシリコンでできたフィンは初心者にお勧めしません。重くて、こげないと思います。私も初期に色んなタイプのを試しましたがダメでした。友達もダメでした。

リーフツアラーのやたらと短いフィンがありますが、あれもお勧めしません。ちょっとでも流れがあると帰ってこれないと思います。あれは流れが全くないところ用です。

同じリーツアラーでも長いのは、むしろおすすめです。プラスチックなので、足をつることはないでしょう。プラスチックの長いフィンが初心者はおすすめです。

これなんか、いいですね。

ちなみに私が今、使っているのは、このフィンです。

初めての方が使うと足をつりますが、外洋などで流れに逆らって定点維持する場合には、このぐらいのものでないと太刀打ちできないと分かってから、これを使うようになりました。

慣れると楽ですよ。

シュノーケル

シュノーケルの判断基準は口にあっているかどうかがひとつ、弁がついているかどうかです。海外輸入のものは、概してシュノーケルの加える部分が大きく、くわえると口からはみ出たり、口がおおきくもりあがったりすることがあります。

口にあっていないシュノーケルは、口内炎のもとにもなりますので、口にあったシュノーケルを買うことにこだわってもよいかと思います。ただし、フィンやマスクと違って、シュノーケルは試着ができません。口にくわえさせてくれるショップはまずないと思いますので、見た目で判断するしかないでしょう。

また、シュノーケルによっては弁があるものとないものがあります。弁があるとシュノーケルに水が入ったときに、勢い良く息をはいたり、吸気口を手で押さえて息を吐くことによって、弁から水が排出できます。

ただし、弁はよく砂が入りやすく、一度砂が入ると、シュノーケルに水が入りやすくなってしまい、泳いでいる最中にこれがあると結構やっかいです。

そうならないために、もとから弁がついていないシュノーケルを買う人も突き人の中には多いです。構造的に単純な為、弁がついていないほうが安価です。

新宿西口のサンドウエーブという店では、弁なしのシュノーケルを販売しています。

マスク

マスクの判断基準は、顔の形とあっているかどうかです。顔の形とあっていないと、水が入ってきます。顔の形とあっているか、判断する方法は、ゴムを使わずにマスクを顔にはめて、鼻から息を吸い、下を向いて左右に振ったときに落ちるか落ちないか、です。

落ちる場合は、空気がもれているということなので、顔の形とあっておらず、水がはいります。落ちない場合は、密閉されているということなので、水も入りません。

また、鼻がつまめる形になっているかも重要です。一眼の丸い形のマスクは鼻がつまめない形になっていないことがあり、鼻がつまめない場合は耳抜きができないため、魚突きには不適切です。

さらに、視力が悪い人は、少し高くついても、度入りのマスクを買うことをおすすめします。魚突きは視力に頼って魚を突くわけですから、見えない状況では魚をつけないどころか、危険を回避できない場合もあります。

マスクは、ほかの何にもまして、お金を使うべきです。

アクロスという店では、店頭でマスクの度を変更してもらって試着することができるのでおすすめです。

ちなみに、以下のリンク先のページで通販で度入りのマスクことは可能です。

しかし、マスクはつけてみないと顔との相性がわからないのと、見え具合も実際につけてみないと細かい点が分からないことから、ショップにいける人は、ショップに行くことをおすすめします。

離島在住、僻地在住の方で、そういう店に手軽にいけないという場合は通販で買うといいでしょう。

グローブ

岩場や珊瑚で怪我をしたり、突いた魚をつかむときにエラで怪我をしないために、また、銛を手でひくときに滑らない為にグローブ、手袋は必ず必要です。滑りさえしなければ、滑り止めつきの軍手でも大丈夫ですが、冬や寒冷地での潜水には水を通しにくいタイプのグローブでなければ、手がかじかんでしまいます。

ネオプレン素材のグローブは保温性に優れています。

こんなのとか。

ウエットスーツ

ウエットスーツがなくても、ラッシュガードや、最悪の場合、海水パンツだけでも魚突きはできなくはありません。しかし、長時間に及ぶ魚突きでは当然、体は冷えますし、岩場や、魚のひれなどで怪我しやすい為、ウエットスーツはあったほうがいいです。

とはいえ、ウエットスーツを着ることに抵抗がある人は結構いるようです。かくいう私自身も、ウエットスーツを着ることには大分抵抗をしていました。水温20度前後の3月に唇を紫色にさせ、がたがた震えながら、魚突きをやっていたことを思いだします。

ウエットスーツを着ること自体が邪道だと、変な観念があったのですが、ウエットスーツを着たほうが深く長く潜っていられること、また、くらげにかまれにくくなることに気づき、ウエットスーツを着ることにしました。

また、頭にかぶるフードもついていたほうがいいです。ついていない場合は、別売りで販売されているので、なるべくフードもかぶることをおすすめします。理由はひとつは保温性、もうひとつは安全性です。

頭は体の中で最も神経が集中しており、血液の循環が激しいので、ここを隠すか隠さないかで、保温が異なります。また、岩場や珊瑚で浮上する際に、頭をぶつけてしまうこともあり、その際にフードを着ていると致命傷になりにくいです。

ところで、あまり知られていないのですがウエットスーツには2種類あります。ジャージタイプとスキンタイプです。ジャージタイプは布地のもので、丈夫ですが、水を通しやすく保温性はよくありません。

それに対して、スキンタイプは表面、または裏地がつるつるしており、水を通しにくく保温性が良いですが、布地が破れやすく、一度破れるとそこから破れた部分が広がる傾向があります。

保温性の違いは、20度前後の水温では、同じ5mmのウエットスーツでも、ジャージタイプだと30分程度で寒さを感じますが、スキンの場合は3時間目ぐらいでやっと寒さを感じるぐらいの違いがあります。

ジャージタイプは安く、スキンタイプは概して高価です。また、ショップにはジャージタイプしかほとんどの場合、おいていません。ジャージタイプに比べて、あまりのびないのでオーダーメイドで作ることが多いからだと思います。

参考までに言いますと、スキンタイプと、ドライスーツは違います。スキンのウエットと言うと、ドライスーツと勘違いする方が、かなりいらっしゃいますが、別物です。ドライスーツは服のまま、着ることができ、そのまま水に入っても服はぬれません。それに対して、スキンのウエットは、水は通しにくいですが、必ずぬれます。

ジャージタイプのウエットスーツでしたら、通販で1万円前後で安いものが買えるはずです。それでほぼ問題はないかと思います。

ジャージタイプのウエットスーツ

スキンタイプは、伸び縮みがジャージに比べてしないため、たいていはフルオーダーで作ります。そのため、高価で5万円〜 しますが非常に暖かいです。

スキンタイプのウエットスーツ(フルオーダー)

ウエイト、ウエイトベルト

ウエットスーツを着た場合、浮力が発生するため、その浮力を打ち消す重りをつける必要があります。これがウエイトです。

通常、ウエイトは、鉛でできたウエイトをウエイトベルトに通して、腰に巻きます。

判断基準は、リリースしやすいことです。「危険」の章で扱いますが、なんらかの理由で浮上が困難な場合、または、ブラックアウトで意識を失いそうなときに、とっさにウエイトを外す必要がある場合があります。

このときに、片手で簡単にリリースできる必要があります。

また、ウエイトベルトはバックルとベルトにわかれますが、ベルト部分が使い込むほど、繊維がほつれてしまうものがあります。これを使うと、使えば使う程、ベルトをバックルに通しにくくなり、ストレスとなります。

バックル部分はプラスチックのほうがいいと思います。ベルトを傷つけず、ほつれません。

ウエイトの重さは、立ち泳ぎができる程度の重さがちょうどよいです。重すぎると、浮きにくくなり、軽すぎると潜りにくくなりますが、重すぎるよりは軽すぎるほうが無難です。魚を突いた場合、浮上する時にその魚の重量が加わるため、浮上が困難になります。潜りやすいからといって、重すぎるウエイトをつけて潜ることは危険です。

目安として、私の場合(身長178cm、体重60kg)で3mmのウエットスーツで2kg、5mmの場合は4kgがちょうどです。

必須ではないが、あるといいもの

めぐし

めぐしは串状のものに糸を通したもので、穫った魚を連ねておきます。これを腰に巻いてもいいのですが、フロートにぶら下げておくと、自身のサメからの危険を回避できます。

ストリンガーとも呼ばれています。

ストリンガーを売っている通販ショップ

めぐしを使うまえ、私は網を使っていました。これも、比較的、海水浴場で見かけます。

フロート

いわゆる 浮き です。浮きがあると、魚をぶら下げておけるだけではなく、目印となって、船に自分の存在をアピールすることができ、船からひかれる危険を回避することができます。

船がよく通るエリアでは、フロートなしの魚突きは自殺行為に近く、迷惑な行為となります。船を運転する人にとって、特に漁師にとって、目の敵にされても無理はありません。なぜなら、突き人にとっては、自己責任の身の安全を守ればいいとしても、船を運転する側にとっては、ひいてしまえば、業務上過失となり、刑罰が問われます。

陸エントリーで魚突きをする場合は、マナーとして、フロートは使うべきです。

フロートは、通販でも買えますが、うくものならペットボトルでもポリタンクでもかまいません。

フロートブイ 6cmΦ×13.7cm

フロートブイ 6cmΦ×13.7cm
価格:500円(税込、送料別)

空撮 釣りポイント本

魚突きを初めて、まず最初に悩むのが、どこで潜るかということです。魚突きをやっている人に聞くのが一番ですが、普通に考えて、見知らぬ他人に教えるはずがありません。ポイントを荒らされるのが嫌だからです。

そんな人に役立つのが空撮で釣り場所を教える本です。この本はエリアごとに販売されており、どこにどんな魚がいるか詳しく書かれています。

空撮 釣り本のアマゾン検索結果

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional