小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

泳ぎ釣り講習

泳ぎ釣りとは?

シュノーケルで泳ぎながら釣りをすることを泳ぎ釣りといいます。
この釣り方は、他のエリアではあまり見かけない為、どうやら、父島独特の釣り方のようです。

画像の説明
食いつくところが目の前で見えてこんなに面白い釣りはない!!気持ちいい!!

泳ぎ釣りの仕掛け

泳ぎ釣りには、このような道具を使います。

画像の説明
泳ぎ釣りに使う道具 安上がり

とても簡単な道具で、高いものはひとつもありません。ペットボトル、タコ糸、重り、釣り針、そしてエサとなるイカ。

これだけで、目の前でつれてしまいます。

泳ぎ釣りで釣れる魚

アカバ(アカハタ)という魚がよく釣れます。
1kg2000円ほどで流通する、料亭でだされるほどの高級魚で、内地ではスーパーには出回りません。

甘みがあり、とてもおいしい魚です。

画像の説明
アカバ

煮付けや味噌汁にしてもおいしいです。

画像の説明
アカバの煮付け

泳ぎ釣り講座では、アカバが連れたら、その場で味噌汁にして食べる料理体験ができます。

さっきまで生きていた釣った魚をすぐに調理して食べる味噌汁は身がぷりぷりしていて、本当においしいです。

泳ぎ釣りの様子(このときの魚は小さかったのでリリースしました)

画像の説明

画像の説明
素潜りの学校は正式な遊漁船主任者付の遊漁船事業者です。

詳細

泳ぎ釣りは素潜りの学校のツアーで「Cプラン」というものの中で体験できます。詳しくはCプランについて、ご覧ください。

お申込み

画像の説明

04998-2-7775

8:00~20:00 受付

お申込みは間違いのないよう、なるべくお申込みフォームからお願いしております。

お申込みフォーム

メール   ozeight@gmail.com
ファックス 03-6701-7468
衛星携帯 009130010870776761885(緊急)

画像の説明

よくあるご質問

  • シュノーケル初心者でもできますか?

泳ぎ釣りは、魚突きのように、素潜りで何メートルも潜る必要がありません。マスクとシュノーケル、フィンをつけて、海に浮かんでいられるのであれば、誰でもできます。

針がひっかかったら、それを取る為に潜る必要がありますが、それはこちらでアシストしますので、ご安心ください。

  • 年齢制限はありますか

基本的には小学校3年生以上、55歳までとさせていただいています。親御様同伴であり、または安全管理が問題なければ、この制限が少しゆるくなります。お問い合わせください。

  • 人数制限はありますか

安全管理上、6人までとさせていただいています。

お客様の声をたくさん頂いています!ありがとうございます!

Kさんご家族「泳ぎ釣りサイコー!!」

画像の説明

「泳ぎ釣り、サイコー‼
 綺麗な色の魚も今度は釣ってみたい。」(Kさんご家族)

コメント:ご参加頂き、ありがとうございました。最初はお子様のひとりは海に入るのが怖がっていらっしゃいましたが、最後のほうはどんどん自分から入っていっていましたね。今度は綺麗な色のアカバなどを釣りましょうね!!

ご参加コース:泳ぎ釣り講習
釣果:カンモンハタ2匹 → お味噌汁にして頂きました。

めちゃめちゃ楽しくって、夢中になってしまいました。

画像の説明

岡崎さんの泳ぎ釣りツアー、と~っても楽しかったです。こんなに楽しい釣りが有るなんて、全然知らなかったです。

釣りといえば、暑い中ぼーっと待つ退屈なイメージですが、泳ぎ釣りは、魚が隠れていそうなところに狙って針を落とし、かわいい魚たちが餌をつついてるのを見ながらするので、めちゃめちゃ楽しくって、夢中になってしまいました。

息子もとっても楽しかったようで、大満足です。

半日コースで忙しい中、釣った魚を、お味噌汁にして食べさせてくださって、本当に、有難うございました。身がフワフワで、とーっても美味でした。

なかなかできない貴重な体験が出来て、本当に良かったです。もっと早くに気づいて、一日たっぷり遊びたかったです。また小笠原に来た時には一日コースで是非お願いいたします。本当に有難うございました。

参加コース:泳ぎ釣り講習

息子は将来小笠原に住みたいとまで言っています。

画像の説明

画像の説明

岡崎様

父島では、ナイトツアーに素潜り講習と大変お世話になりました。

素潜り講習では、最初に正しいフィンの使い方を教えていただきましたが、これまできちんと教わったことがなく、いかに自己流の効率の悪い泳ぎ方をしていたかと思いました。
また、耳抜きのコツや呼吸などの素潜りの基本的なことを教えていただき、海や川で泳いで魚を見ることが好きな息子は、もっと深くまで潜れるように頑張ると言っております。
息子にとって一番楽しかったのは泳ぎ釣りだったようで、息子の強い希望で翌日の出港前に泳ぎ釣りをしました。
釣った魚を味噌汁にして食べたのがとてもおいしかったらしく、息子は将来小笠原に住みたいとまで言っています。
家族全員、父島で楽しい時間を過ごすことができました。
次はドルフィンスイムの講習をぜひ受けたいと思っています。
岡ちゃん、クリリン、どうもありがとうございました。

機会がありましたら、次回もよろしくお願いいたします。

コメント:
シュノーケルでの特にフィンの動かし方は、個人差があって、悪い癖がついてしまっている人も多いです。なかなか教えてくれるもおらず、ちょっとフィードバックするだけで、劇的に改善して、楽にスピーディに、気持ちよく泳げるようになりますね。
息子さん、小笠原に住みたいとまで、言ってもらえてとてもうれしいです。^^
無理はしないように、ゆっくりと何度もやってみてください。トレーニングの仕方さえわかれば、あとは繰り返し繰り返して、練習するだけで、深く潜れるようになるはずです。

家で魚をさばいた経験もないのに、それも活きた魚をさばくなんて、子供たちの人生観も変わったかもしれないくらいの感動でした。

画像の説明

小笠原では、大変お世話になりありがとうございました。昨晩、東京から雪の降っている鳥取に帰ってきました。

シュノーケリングや泳ぎ釣りだけではなく、魚のさばき方まで子供たちに教えて頂き、本当に良い経験をさせてもらいました。家で魚をさばいた経験もないのに、それも活きた魚をさばくなんて、子供たちの人生観も変わったかもしれないくらいの感動でした。

自分で釣ったことも、まな板の上で跳ねる魚との格闘も、お味噌汁の最高のスパイスになったと思います。

悔やまれるのは、半日しか参加できなかったことだけです。下の子は、シュノーケリング中にサメ(人を襲わないサメ)を見たことで、かなり満足していましたが。

泳ぎ釣り中も、注意深く子供たちを見守って頻繁にアドバイスをして頂けたので、岡ちゃんと私たち家族の信頼関係もすぐに築けて、充実した時間を過ごせました。

次回は、3日間素潜りをみっちり教えてもらいたいな、と思っています。

岡ちゃん、ありがとうございました。

コメント:このたびはご参加ありがとうございました。魚をさばくというのは普段なかなかやりませんね。スーパーではすでにさばいた魚で、あとは食べるだけの状態で売られていることもありますし、学校では、パックの魚が海で泳いでいる絵を描いた子がいると聞いて、驚いたこともあります。

私たちにとっては普段、あたりまえにやっていることが、内地の子供たちにとっては貴重な体験なのだなと感じています。

また、サメを見て満足というのは予想外でした(笑)
意外なところで、嬉しくなるものですね。
次回はサメを見るツアーにしましょうか。

また、小笠原でお会いできることを楽しみにしています。

参加コース:泳ぎ釣り講習

お申込み

画像の説明

04998-2-7775

8:00~20:00 受付

お申込みは間違いのないよう、なるべくお申込みフォームからお願いしております。

お申込みフォーム

メール   ozeight@gmail.com
ファックス 03-6701-7468
衛星携帯 009130010870776761885(緊急)

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional