小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

研修生募集

研修生募集

素潜りの学校の業務の素潜り講習、ボートツアーの中で船の業務、ロープワーク、小笠原父島の海のこと、海の地形や操船、そのほか海にまつわる危険と対処法などを学び、自ら海のガイドとしてやっていくための技術を身に着けます。

基本的には、素潜りの学校の日々の業務を手伝う中で、体験し、学ぶ形となります。

概要

・研修費

1ヶ月以上の場合、無料。1ヶ月未満の場合、1週間あたり3万円。

・宿泊

宿は各自手配して頂きます。寮はありません。

→ ご応募はこちら!
電話は09041717093(岡崎まで)

元研修生にインタビュー

「朝から夕方まで一日が濃いです。仕事を任せて頂くことも多いです。色んな経験ができ、成長する機会が日々あります。」がみちゃん

画像の説明

ー素潜りの学校で研修したいと思った理由はなんですか。

「海に関わる仕事を海外でしたいという思いがありますが、それ以前に日本で潜ったことがあるのは沖縄しかありませんでした。

日本の他のところでも潜ってみたいと思い、一番ひかれたのが小笠原です。普段はダイビングをやっていて、素潜りはあまりできません。

友人と海に行っても、耳抜きができずに深く潜れなかったりして、悔しい思いをしたこともあります。素潜りができるようになりたいと思い、素潜りの学校で働きたいと思いました。」

ー来る前の不安はありましたか。

「現場未経験な為、自分自身が気付いていないことが多く、人に言われないと気付けないことがあるのではないかという不安がありました。

また、小笠原という都市とは異なる環境に不安もありました。接客に関しては、子供が苦手ということもあり、接し方にも不安がありました。」

ー働き始めて、どうですか。

「朝から夕方まで一日が濃いです。仕事を任せて頂くことも多いです。色んな経験ができ、成長する機会が日々あります。」

「お客様にはダイビング経験者が多く、共通点もあることから、会話を楽しんでいます。」

ー素潜りの学校で働いて、楽しかったことはなんですか。

「先日、ドルフィンスイムで初めてイルカと泳ぎました。高校生のときからイルカと泳ぎたいと思っていましたが叶えることができず、野生のイルカにあうのも初めてでした。

一緒に泳いでいると、人の心がわかるようで、感動しました。一気にファンになりました。」

ー素潜りの学校で働いて、辛かったことはありますか。

「ドルフィンスイムのツアーでお客様にイルカが見せられなかった日があったことです。また、その日の天候や、お客様の経験によって参加できるものとできないものがあり、残念と思うときもあります。」

ー素潜りの学校でこれから自分がしたいことはなんですか。

「もっとお客さんを楽しませたいです。そのために海に関する知識を持ち、安全配慮の面から、全体を見渡せるようになりたいと思います。」

ー自分の今後の課題はなんですか。

「ロープワークです。また、性格がマイペースなので、時間の使い方を工夫していきたいと思います。」

ー素潜りの学校に向いている人はどんな人だと思いますか。

「テキパキ動ける人。ポジティブな人。料理ができる人。」

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

→ ご応募はこちら!
電話は09041717093(岡崎まで)

ガイドスタッフも同時募集!(研修を受けてから仕事として働くことも可能です)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional