小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

耳抜きのコツ

耳抜きのコツ

★耳抜きのコツを習える素潜り講習の詳細はこちら

画像の説明
耳抜きがなかなかできない人というのがいらっしゃいます。

私も初めはとても抜けにくかったのですが、あるとき、ふとコツがわかり、それから特に苦労することなく、耳抜きができるようになりました。

つまり、初めの一回さえできれば、あとは数をこなすうちに慣れてきます。

初めの一回ができるように、いろいろと試すことが耳抜きができるようになる近道です。

耳抜きとは?

水に入ると水圧により、耳が痛くなります。
これは外側から鼓膜が水で押されるためで、
痛いまま、潜ると鼓膜が破れます。

このため、
潜りながら、耳の鼓膜の内側に
空気を送ることを耳抜きといいます。

方法は、
鼻をつまみながら、鼻をかむような感じで
鼻を密閉しながら、鼻に空気をいれることで、
耳がボツっと両方鳴るようでしたら、耳抜きができたと
言えます。

片方ではだめで、両方できないと、鼓膜が破れます。

痛い場合は無理せず、浮上します。
また、一気にやろうとせず、
こまめに少し潜る度に、耳抜きをします。

耳抜きできない人の為の耳抜きのコツ・方法

耳抜きができなかったら以下のことを試してみてください。

  • ガムを噛む 飴をなめる
  • 地上で耳抜きを練習する
  • 水面で耳抜きを練習する
  • 斜めに潜りながら練習する
  • 耳抜きをするときだけ、前を見て耳を抜く
  • こまめに耳抜き 5メートル潜るのに3回はする
  • 抜けにくいときは、少し浮上して、耳抜き
  • 片方ぬけにくいときは、ぬけにくい方を上向きにして耳抜き

画像の説明

耳が抜けにくい人

耳が抜けにくい人がいらっしゃいます。
体質的なものもあり、病気の場合もあります。

  • 耳の病気のときは耳抜きができないことがあります。耳鼻科にいってください。
  • 前日寝不足だと耳は抜けにくいです。十分に寝ましょう。
  • お酒を飲むと耳は抜けにくいです。海に入る時はアルコールは飲まないほうがいいと思います。

耳抜きの練習

何度やっても耳抜きができない、という人は耳抜きの息の量を間違えている場合があります。
耳抜きが苦手な人に多い「一度に強く息んだ耳抜き」は、
耳を痛めてしまいやすいです。

また「息む力が弱すぎる耳抜き」は、耳はほとんど抜けません。
耳抜きには、耳が抜けやすいタイミングと力加減があります。

というものがあります。
風船を鼻から膨らます器具です。

このオトベントを使用して耳抜きを練習することにより、
「オトベントを使わないでも耳抜きが出来る様になる」
練習をすることができます。

オトベントを使った耳抜きの練習方法

①オトベント使用前は鼻をよくかんでください。

②オトベントのノーズピースとバルーンとをつなぎます。

③片鼻を指で塞ぎ、逆鼻にノーズピースを当て、
 鼻から声を出す感覚で ゆっくりと2秒間かけて
 グレープフルーツ大まで膨らませてください。

④膨らんでも息を止めず、同じ強さの力を2秒間かけ続け
 グレープフルーツ大を保ってください
 (ふくらましはじめから合計4秒)

⑤この練習法が身につくよう、1日2回(朝晩)~3回(朝昼晩)
 続けてください。

※注意、しかし、これは耳に痛みがあったり、耳の病気、異常がある場合は即時中止してください。

画像の説明

→オトヴェント

耳抜きのコツが習える素潜りの講習

耳抜きのコツが習える素潜りの講習の詳細はこちら!

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional