小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

ドルフィンスイムBプラン

画像の説明
Bプラン1日ツアー 料金:11000円 ※繁忙期は+2000円
(1日 8:15青灯台集合 8:30~15:00戻り)→申込みはこちら

沈没船、海中洞窟、魚影ポイントを素潜りするドルフィンスイムツアー Bプランの詳細について

南島と海中公園とドルフィンスイムだけじゃ物足りない!もっとディープに、スノーケルと素潜りで、小笠原ならではの海を体験したい!味わいたい!

そんなあなたへ。

沈船、海中洞窟、魚群、ドロップオフにドリフトスノーケル・・・
もっと、とことん、ディープに、見たことのない父島の海をスノーケル、素潜りしたいあなたへ!

朝のミーティングでみなさんの希望を聞き、リクエストに応じたポイントを周りつつ、イルカを探します。

↓↓リクエストできるポイントの紹介動画はこちら。Bプランのプロモーションビデオ!↓↓
※海況や参加者様のレベルにより回れないことがございます。

リクエストできるポイント一覧

素潜りの学校 Bプランのツアー内容

○料金に含まれているもの

乗船料、施設使用料、保険料、ガイド料、消費税、ライフジャケットレンタル料、レインコートレンタル料、温かいお飲み物(お茶など)

×料金に含まれていないもの

レンタル料(3点セット1500円、ウエットスーツ2000円、ウエイト1000円、お弁当、個別のお飲み物

ツアー内容

・Bプランでは南島には行きません。

・ドルフィンスイム(1年中)

 ドルフィンスイムをメインにやりたいのであれば、Aプランより海上でイルカを探す時間が長い、Bプランがおすすめです。

・ホエールウォッチング(12月~5月 ザトウクジラ)

 夏期はホエールウォッチングは行いません。ザトウクジラが来る冬場(12月から5月)のみ、ホエールウォッチングを行います。

スノーケル・素潜りポイント巡り(海中洞窟や沈船、魚群ポイントなど)巡るポイントは こちらのページ にあるポイントからリクエストが可能です。素潜りができなくても、スノーケルの基本ができればご参加可能です。スノーケルの技術に不安がある方は、入港日初日にある、スノーケル素潜り講習を受講してください。

・全てのアクティビティは強制ではありません。自分のペースで、休息していただいて結構です。のんびりいきましょう^^

・入港日初日から通しのご参加の方で最も満足度が高いのがBプランとCプランです。

・初心者様でも、初日の講習から翌日Aプラン、そしてBプランと連続でご参加頂くことで、短期間で驚くほど、スノーケル、素潜りが上達される方が多いです。

・技術にご不安がある方は「初心者オプション」をお申込み頂くと、ツアー中も、船の上からのアドバイスやプチ講習、イルカと泳ぐ際の浮力体レンタル(ライフジャケットなど)させて頂きます。ご安心してご参加ください。

ドルフィンスイムBプランは、基本的には「入港翌々日」に行います。

空き状況カレンダー

※カレンダー右上の「予定リスト」をクリックすると、各日程の詳しい内容が見られます。
※カレンダー左上の矢印をクリックすると、前後の月の空き状況が見られます。

素潜りの学校 Bプランのツアーの流れ

Bプランの1日のツアーの流れをお伝えします。
天候や、当日の混みあい状況によって、時間の変更、内容の変更はありえます。

→最近のBプランの様子

ドルフィンスイムBプランの料金

<<料金>> 
・1日(9時~15時)   11000円
※繁忙期料金あり 料金表をごらんください。

■ドルフィンスイムの内容
・お一人でも参加可能!'お一人様のご参加のお客様たくさんいらっしゃいます!ご安心してご参加ください。

参加者同士仲良くなれるように自己紹介タイムも最初に行っています。

■レンタル(有料)
・ウエットスーツ 2000円/1日一人あたり 
・ウエイト 1000円/1日一人あたり
・3点セット 1500円/1日一人あたり

■送迎
・送迎なし
・青灯台に8:15にお集まりください

画像の説明

ドルフィンスイムBプランの一日の流れ

画像の説明
画像の説明
→15:00 帰港

これはモデルプランですので、必ず、この通りには進みません。
天候や海況、お客様のご要望によって内容は変更します。

どこのポイントを回りたいかはリクエストできます。
申込み時に「備考欄」にリクエストしたいポイントをお書き下さい。ツアー当日の朝のミーティングでもリクエスト頂けます。

ただし、お客様のレベルや、海況によっては、そちらでのスノーケルができない場合もあります。ご了承下さい。

8:30 青灯台集合

画像の説明

青灯台に集合してください。
黒い船アルバトロスが係留していますので、そちらまできてください。

当日払いの方は船に着いたら、まずは、お支払いを船長までお願いします。

それから、

・スタッフとメンバーの自己紹介タイム
・船の使い方の説明
・ドルフィンスイムの海への入り方の説明

を行います。

ドルフィンスイム

画像の説明

出港から帰港までイルカを探し続けます。
イルカがでたらイルカと泳ぎます。

Aプランよりも長くイルカを探す時間がとれるので、より多くの時間、イルカと泳げる可能性がBプランにはあります。
いつでもイルカと泳げるように準備をしておいてください。

スノーケルポイント巡り 例:魚群ポイント

小笠原にある魚が群れているポイント、魚群ポイントをめぐります。

画像の説明

スノーケルポイント巡り 例:海中洞窟

画像の説明

アオウミガメと泳ぐ カメスイム!

リクエストをすれば、Bプランでは、アオウミガメがいたらアオウミガメと泳ぐことができます!

画像の説明

スノーケルポイント巡り 例 ツバメウオスイム

画像の説明

ツバメウオが群れており、それほど人を怖がらず、高速で逃げない為、一緒に泳げます。

スノーケルポイント巡り 例 沈船

父島には第二次大戦中に座礁したり、沈んだりした沈船が数多くあります。

沈船の多くは、現在は珊瑚が繁茂しており、良い漁礁となっています。

人の作ったものと、自然が混ざりあう姿は、まるで海中にあるラピュターのようです。

画像の説明

イルカと泳いで遊ぶドルフィンスイムの様子はこんな感じ♪

その他のイルカの写真はフェイスブックで公開しています。

→ フェイスブック 素潜りの学校のアルバム

イルカと泳ぐときの注意

イルカがいたら、泳ぐ準備をします。
このとき、なるべくすばやく準備をするとタイミングを逃しません。

準備ができたら、ボートのふちに座ります。
船長が「右側から入ります」「左側から入ります」など、お伝えします。
指示されたほうに座って下さい。

「スタンバイ」と言ったら、足を外に出します。
しかし、このとき目の前にイルカがいても、船長が「どうぞ」というまで、海には入らないでください。

どうぞ、と言ったら、船の進行方向、後ろ側の人から海に入ります。

静かに海に入ってください。
手は使わずに足だけで泳ってください。手を使うとイルカが嫌がります。

イルカが背を向けて泳いだら、なかなか追いつけません。
あまり追いかけないでください。

イルカがいってしまったら、ガイドを中心に集まって、船が来るのを待ちます。このとき、潜ったりせず、船の方向をみていてください。

船が近づいて、船長がどうぞ、と言ったら、船に顔をあげたまま近づきます。船が風におされて急接近することがあるので、このとき、水の中を見たり、潜ったりはしないでください。

ハシゴをあがったら、奥の椅子に座って、待ちます。通常、ドルフィンスイムは2、3回泳ぎます。

合間にホエールウォッチング

12月~5月はザトウクジラが小笠原に繁殖のため、やってきます。そのため、この期間にはホエールウォッチングも行います。※夏期はホエールウォッチングは行いません。冬季のみです。ご了承ください。

ホエールウオッチングについての詳細はこちら

画像の説明

青灯台帰港 15:00

基本的には15時前後に帰港します。

持ち物

■持ち物

水着着用
お弁当
ウインドブレーカーなど
お飲み物
日焼け対策 
ひも付きの帽子 
長袖のものなど
酔い止め ※ツアー前に飲んできて下さい
軍手
靴下(フィンのサイズ調整用)

ドルフィンスイムBプラン お客様の声

お客様の声「まさかまさかの小笠原でマンタと遭遇し一緒に泳げるなんて夢みたい、いや、現実でした。」

トリップアドバイザーでご感想を頂きました!はまちゃん、ありがとうございます!

画像の説明

「今日は盛り沢山見れて良かったです。イルカは10数頭と会えてこんなにたくさんいるのかって思うくらい感動ものです。

これで感動は終わらず、まさかまさかの小笠原でマンタと遭遇し一緒に泳げるなんて夢みたい、いや、現実でした。

満喫した1日でした。

岡ちゃん、ありがとうございました。」

お客様の声 「安心感があります」

お客様の声を頂きました!うほうほさんありがとうございます。

画像の説明

「“安心感があります”
5 / 5本日に口コミを投稿 NEW モバイル経由
初日講習とBプランに参加しました。 どちらも少人数であったこと、ガイドさんが一緒に海に入って案内してくれるため、外洋でも安心感がありました。 内容も、メインのドルフィンスイムではイルカを間近み見られ、他にも洞窟や生け簀など小笠原の海を楽しむことができました。」
https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1091154-d9852303-r372294884-Sumoguri_no_Gakko-Ogasawara_mura_Ogasawara_shoto_Tokyo_Prefecture_Kanto.html#REVIEWS

お客様の声「クオリティの高いシュノーケリング希望の方オススメです!」

じゃらんにて、ご感想を頂きました!あっきーさんありがとうございます!

画像の説明

「南島に行かないプランBを体験しました。参加者に行きたいポイントを聞いてくれ全体のバランスをみて場所選定をしてくれるフレキシビリティさがあります。

全てボートエントリーで、水深10mのポイントでダイビング並みの魚影を見たり、狭い洞窟を参加者が縦に並んで探索遊泳したり、大きな洞窟を青の洞窟のようなブルーの光を浴びて往復したり、、ダイナミックな自然とともにシュノーケリングを楽しめます。

ここのツアー内容はただ魚を見るだけではなく、ダイナミックな自然・地形とともにシュノーケリングを楽しめるのが醍醐味でしょう。私はダイバーで様々なポイントをダイビング/シュノーケリングしましたが、最高のクオリティレベルです。ある程度シュノーケリング経験のある方には大満足間違いなしなのでオススメします!!」
http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000180943/kuchikomi/0001450534/?screenId=OUW2202

素潜りの基礎を丁寧に教えてくれる珍しいツアーです!

画像の説明

今まで小笠原でいくつか海のツアーに参加してきましたが、素潜りを丁寧に教えてくれるところを探していて、やっと「素潜りの学校」に出会えました!
ツアープランは、静かなビーチで行う素潜り講習、ボートで外洋に出て行うドルフィンスイムやシュノーケリングポイント巡りなどいくつかありますが、素潜りのコツを教えてもらってから「本番」にのぞみたかったので、全てのプランを通しで参加できる3日間セットのツアーに申し込みました。
参加してみて感じたことは、素潜りの基礎をおぼえてから、外洋に出て泳ぐと何倍も海を楽しめるということです。
初日にビーチで行う講習では、潜り方はもちろん、それぞれが潜っている姿をビデオで撮影し、改善点やスムースに潜れる姿勢などを教えてくれました。
おかげで、2日目・3日目のボートツアーでは魚やイルカと一緒に潜り、同じ目線で泳ぐことができました★
ツアー中も、船長が他の団体と重ならない時間帯をみはからってポイントをめぐってくれたため、気を使うことなく少人数で落ち着いて泳ぐことができ満足!
そしてなんといってもスタッフの皆さんがすてきです!
明るく面白い方々ばかりで、参加者の安全に気を使いながらも、楽しんで仕事をしている姿が印象的でした。
次回小笠原に行く際も必ず「素潜りの学校」に参加したいと思います(^^)

「外洋に出たことの無い方は、初心者講習を合わせてお申し込みになることを強くお勧めします」

画像の説明

船で外洋に出る、かなり本気のシュノーケリングツアー。イルカを追いかけたり、サンゴ礁の海底まで素潜りすることができます。シュノーケリングに慣れてくるころには、通常はダイビングポイントのマグロ穴を流れに乗って通過したり、マンタに遭遇するポイントへ行ったりも。

画像の説明

小笠原のボニンブルーを全身で満喫したい方にお勧めです。
外洋に出たことの無い方は、初心者講習を合わせてお申し込みになることを強くお勧めします。小笠原の海は太平洋のど真ん中、プールで泳ぐような感じとは全然違いますので。
ダイバーの方も、たまには本気でシュノーケリングしてみるよい機会だと思います。

画像の説明

画像の説明

「全日程参加すればよかったなー。。。という後悔すら感じております。」

画像の説明

素潜りの学校 岡崎先生

滞在中の1日という短い間でしたが、本当に楽しいひと時を過ごさせて頂き、感謝しております。
一人での参加だったのですが、岡ちゃん、あきちゃんはもちろん他の参加メンバーにも恵まれ、
全日程参加すればよかったなー。。。という後悔すら感じております。

初めてのスノーケリングでの洞窟散策ワクワクしました!
ドルフィンスイムではなかなかタイミングが合わなかった某参加者の方(笑)がイルカと遭遇出来たときに、
海の上で自然に拍手が起きましたね!

画像の説明

打ち上げの飲み会でも、初対面とは思えない程の盛り上がり!
某新婚夫婦の馴初め話し盛り上がりましたね笑
もちろん帰りの船でも寝ている時間以外はずっと皆で飲んだくれていました笑
東京が近づくにつれ皆で悲鳴上げてました笑

本当に本当にたのしかったです!
ありがとう、参加者の皆様!
ありがとう、あきちゃん!
ありがとう、おかちゃん!!!

小笠原また絶対に行きます!

画像の説明

画像の説明

→最近のBプランの様子

じゃらん 東京のマリンスポーツでランキング1位になりました!

じゃらん 東京のマリンスポーツでランキング1位を頂きました。

画像の説明

船長よりご挨拶

船長の岡崎です。

ドルフィンスイムを自分が始めてやったのは8年前です。気持ち良さそうにイルカは泳いでいるなぁと思っていましたが、最初はそれ以上の面白さがあまりよく分かりませんでした。

しかし、数年前、趣味の魚突きをしに海に出ていたときに、船にぶつかりそうになるぐらいの距離をイルカが頻繁に横切るので、舵を切ったら、そのすぐ先に浅瀬があって、あのまま行ってたら座礁してた、ということがありました。

「助けてくれた?まさかな」「イルカは船の近くに寄って遊ぶこともあるし」と思い、そのまま通りすぎたのですが、そのあと、近場で魚突きをしていたら、海底で、おそらく先ほどのイルカが何頭か来て、じっとこっちを見るような感じでとまっていました。「ありがとう」と思いをこめて、ゆっくり手をあげたら、キュイキュイと顔を縦に振って、去っていきました。

まるで人と会話しているような不思議な感覚でした。もしかしたら、こっちが思ってるよりずっと、イルカは色んなことが分かってるのかもしれないと思った瞬間でした。

そして、その日は一日中、幸せな気持ちに包まれました。自分が見守られていると感じました。

それから、ドルフィンスイムをするのが楽しくなりました。やっぱり何かを思ったり、考えたりしてる気がするからです。

皆さんがイルカという存在と出会うことをお手伝いできたら嬉しいです。(素潜りの学校 船長 岡崎至晋)

素潜りの学校ならではのウリとは?

・素潜り講習が受けられて、潜るとイルカが遊んでくれやすい!
・スノーケル初心者でも講習があるので大丈夫!
・事前にご経験ご希望ご要望をお伺いし、それにそったボートツアーを開催している!
・巡るスノーケルポイントが豊富で、冒険気分が味わえる!
・泳ぎ釣りや魚突きのツアーも催行している!
・2015年進水のスノーケル・ドルフィンスイム・ホエールウォッチング専用艇アルバトロス号がかっこいい!
・最新式船外機で音が静か!巡航中も会話が楽しめます!
・楽しい雰囲気を何より大事にしている!
・アットホームな雰囲気の少人数制で、毎日違う内容、違うポイントなので、通しで参加するお客様が多く、帰る頃には友達になっている!

お申込み

04998-2-7775

8:00~20:00 受付

お申込みは間違いのないよう、なるべくお申込みフォームからお願いしております。

画像の説明
→FAX申込用紙ダウンロード(0367017468)

メール   ozeight@gmail.com
ファックス 03-6701-7468
衛星携帯 009130010870776761885(緊急)

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional