小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

お客様の声 4日間パック 「ネットの情報を鵜呑みにして「素潜りの学校」を選んで本当によかった。これからもたくさん海に潜りたい!と思えたのはここのおかげです。」

お客様の声 4日間パック 「ネットの情報を鵜呑みにして「素潜りの学校」を選んで本当によかった。これからもたくさん海に潜りたい!と思えたのはここのおかげです。」

トリップアドバイザーにお客様の声を頂きました!はるちゃん、ありがとう^^

画像の説明

「ここで素潜りを教えてもらうのと教えてもらわないのとでは、今後の素潜り人生が180°変わってしまいます!間違いないです!! 初めての小笠原だったので何も知識がなかった私は、「小笠原 ドルフィンスイム」でGoogle検索。

一番にヒットしたのがこの「素潜りの学校」でした。 クリックしてみると、あら!トリップアドバイザーの小笠原ツアーランキング1位!?ええっ!じゃらんの東京マリンスポーツランキングも1位!?!?と高評価の嵐だったので、何の疑いもなく予約メール(笑) 。速攻でメールの返信が来たのでビビりました(そのあとのやりとりも非常に丁寧で迅速でした)。

4日間のパックに参加させていただきましたが、初日のシュノーケル講習から船長の「おかちゃん」が綿密に気を配ってくださり、参加者はみんなすぐに意気投合!。講習が終わる頃には互いをイジり合うほどでした(笑)。 翌日のツアーもほとんど顔ぶれは変わらず、「あれ?私たち出会って4年目かしら?」と思うほどみんな船の上でも和気あいあい。

海中公園でのシュノーケリング(まるで水族館!)やホエールウォッチングの最中には、小笠原の地形や島の成り立ち、鯨の行動の意味、小笠原の固有種などについて、船長のおかちゃんがどんどん説明してくれるので、目の前で見ているものの本当の価値が見えてきます。
3日目はあいにく海況が悪く出航できませんでしたが、私が小笠原に来る前から「イルカに会いたいイルカに会いたい」アピールをしていたので(笑)、4日目は本来魚突きツアーだったところを、ドルフィンスイムツアーに変更してくださるという大胆な心遣い!

感激しました。 しかし!なぜかドルフィンたちはその日小笠原から忽然と姿を消し(他のどの船も見つけられなかった)、結局一番の目的だったイルカには会えずじまい。たぶん私の殺気を感じて逃げて行ったんでしょう。私が来なければイルカも平穏な生活を送っていただろうに…。

彼らに申し訳なく思います。 ですが、2日目とは違うポイントでシュノーケリングができたり、クジラが突然ブリーチングしたりと新しいことをどんどん体験。荒波をかき分け勢いよく駆ける船はスリル満点で、東京ディ◯ニーランドや富士急◯イランドなんかもう比べ物になりません! そんなこんなで「あれ?今日もめっちゃ楽しい!!」とルンルンで帰ってきました。

イルカに出会えなかったのも「また小笠原に来いよ!」との彼らからの無言のメッセージだったのでしょう。その時までに最強の素潜りレディになってるからな!待ってろよイルカ!(こうしてまた殺気立つ私)。

ネットの情報を鵜呑みにして「素潜りの学校」を選んで本当によかった。これからもたくさん海に潜りたい!と思えたのはここのおかげです。おかちゃんの気遣いを存分に感じた4日間でした。本当にありがとうございました。」

○船長コメント

「はるちゃん、ご感想ありがとうございます。

最初のやりとりが、私も印象に残っています。笑

素潜りの学校のラインアカウントに、ご参加前にたくさん質問があって、意欲的な方だなぁと思っていました^^

このときのツアーは、みなさん学生さんということもあって、本当に意気投合されて、仲良くなりましたね。

こういう卒業旅行っていいなぁと私も、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

また、はるちゃんは目のつけどころが他の方とは明らかに違っていて、今日の1日のガソリン代はいくらぐらいなのか、とか、他にもいろんな面白い質問をされて、その答えに毎回すごく驚いてくれて、答えているこっちが楽しい気持ちになりました 笑
本当に楽しい楽しい4日間でした。^^

イルカと会えなかったのだけは、本当に残念でしたが、でもこれで小笠原にまた来る理由ができたと言っていただけたのは本当に助かりました。

ただ「私が来なければイルカも平穏な生活を送っていただろうに…。」→これはないです。イルカはイルカで勝手に楽しく生きていると思うので、その点はどうか気に病まないでください。^^

またお会いできることを、心のそこから楽しみにしています。
ありがとうございました♪」

https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1091154-d9852303-r466203100-Sumoguri_no_Gakko-Ogasawara_mura_Ogasawara_shoto_Tokyo_Prefecture_Kanto.html#REVIEWS

コメント


認証コード5141

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional